わが家は幽世の貸本屋さん ―黒猫の親友と宝石の涙―

著:忍丸 / イラスト:六七質

夏織の幽世の始まりが明らかに―。怖いけどどこか憎めないあやかしたちの物語。
人でありながら幽世で貸本屋を営む夏織は、ある日、隣家の鬼女・お豊が出産間近なことを知る。その姿に「生みの親」への思慕の念を抱いた夏織は育ての親・東雲との生活に不満を感じた自分に落ち込んでしまうが、それを見かねた黒猫であやかしの“にゃあ”からある提案を受ける。「覚悟があるなら話してあげる。現し世であたしが知った、すべて」……それは夏織も初めて知る、母・秋穂と“にゃあ”の、ある約束の物語だった―!
目次
  • 序章 橄欖石の涙、黒猫の見る夢
    第一章 神遊びの庭で
    第二章 貸本屋の恋愛事情
    第三章 幽世のメリークリスマス
    閑話 幸せの定義、幸せのありか
    幕間 狐面の男はひとり酔いしれる
    第四章 安達ヶ原の母子
    終章 雪解けの日に

発売日:2020年6月20日 価格:700円+税

特設サイトはこちら

ページトップへ