Loading

あやかし屋敷のまやかし夫婦 家守とふしぎな客人たち

あやかし屋敷のまやかし夫婦 家守とふしぎな客人たち

ことのは文庫

ことのは文庫

あらすじ

「鍋の中でコトコトと野菜が煮込まれていくような、心の解ける音が聞こえる小説です」
――作家・額賀澪先生、推薦!

「――お願いです。なんでもしますから、私をお嫁にしてください」

18歳になり、叔父夫婦の家を追い出されることとなった七瀬真琴(ななせ・まこと)。

「――契約として、結婚しませんか。
 七瀬さんには一緒に家を守ってほしいのです」


そんな彼女に、
肩の上に「誰も見ることのできない猫」を乗せた作家・英千尋(はなぶさ・ちひろ)は
そう切り出した――。

これは、鎌倉の「あやかし屋敷」を舞台に、
あやかしに好かれない作家と、
あやかしに好かれるお人よしの「契約夫婦」が、
友人から預かった大切なその屋敷を守りながら、心惹かれあっていく物語。

イベント「額賀澪書店」でも取り上げられた名作
『最後の夏に見上げた空は』発表から17年。
住本優先生が満を持して放つ、優しさあふれる物語を、
どうぞお楽しみください。

PV

キャラクター

書き下ろしSS

ajimita先生が描かれたイラストから着想を得た、今回の物語。

――鎌倉の「あやかし屋敷」に越してから一か月半。
大掃除に取り掛かった真琴の前に突然現れたのは、
「千尋のファン」を名乗る、小さな女の子のあやかし。

「あやかしに好かれない」千尋を、好きだと言ってくれたあやかしの登場に、
真琴は大喜びをするのですが……。

本編とはひと味ちがった、
あやかし屋敷の日常の光景を描いた書き下ろし短編
「私の『推し』?」

ごゆっくり、お楽しみください。

書き下ろしSSはこちら

レビュー

  • 素敵です! 主人公達の初々しい恋模様と、
    ちょっぴり切ないあやかし達との心温まる物語。
    彼らは読む側もわたわたしてしまうほど恋愛が下手っぴで、
    そこがまた可愛くて、つい応援したくなります。
    人間とあやかしがそっと寄り添い生きる優しい物語。大好きです。
    二人が夫婦らしくなっていく様子をもっと見たい!

    書店関係者

  • ラストにまだ終わらないで!!と声が出た。
    これからの二人が気になり過ぎる。あやかし達の姿形に風景……
    頭の中で幻想的な世界が色彩豊かに広がり、
    想像力を刺激される温かい物語でした。
    続刊出ますよね?
    まだこの世界観に浸っていたいです。

    書店関係者

  • 読みながら何度も号泣しました!
    泣いたあとは胸がじんわり温かくなる、愛でいっぱいのお話です。
    同居から始まる夫婦があってもいい。
    時間をかけ、ゆっくり夫婦になっていく二人。
    ただし普通じゃないのは、二人とも人ならざるものが「視える」こと。
    視えるからこそ起こる様々な出来事によって、
    二人の絆はどんどん強くなっていくのです。

    古都鎌倉を舞台にしたこのお話には、鎌倉の名物、季節の風物詩も登場し、
    毎日の何気ない、ちょっとしたことが心からいとおしくなります。
    鎌倉野菜のお料理、どれもとっても美味しそうでした。
    今後も二人の強い絆で乗りこえていってほしいです。
    続編楽しみにしています!

    レビュアー

表紙

あやかし屋敷のまやかし夫婦
家守とふしぎな客人たち

  • 著:住本優
  • イラスト:ajimita
  • 発売日:2022年3月19日
  • 価格:770円(本体700円+税10%)

書店でのご予約はこちらの予約票をご利用ください